愛書連講演会

「中絶違法化で、移民受け入れ案に対抗しよう」

講師 鎌田久子 先生
(NPO法人「天使ほほえみ」理事長)
(日本女性の会 運営委員)

(趣旨)

経団連の米倉会長は1月21日に、「日本は少子化が進んでいるので移民を受け入れないといけない」と都内の「外国人記者クラブ」で講演しました。
しかし、そもそも日本の「少子化」の原因は、GHQが合法化した「中絶」にあり、報告されているだけで年間30万件の人工妊娠中絶手術が行われていることにあります。
かつて敵国だった日本の人口を減らすことをGHQが意図していた政策であり、その意図どおりの結果が出ているのが「少子化」です。単身者が養子をとれないなど、養子を取りにくい法制度も、中絶件数が多い原因になっています。このたびは、中絶違法化運動に関与されてきた鎌田久子先生をお招きして、おはなしをしていただくことになりました。

日時 : 平成23年2月26日 午後6時30分から(開場 6時)

場所 : 東京ウィメンズプラザ1階(視聴覚室)

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 電話 03-5467-1711(代)

会場費(含む資料代)2000円 鎌田先生の著書など2冊贈呈

問い合わせ : 田口圭(日本独立宣言 主幹)
メール kokueki@ gmail.com
090-2543-6967
天国太平(愛書連)070-5451-5685

JSN■【緊急拡散依頼】1/14~16「尖閣を守れ!」全国統一 街頭署名活動を実施します

JSN■【緊急拡散依頼】1/14~16「尖閣を守れ!」全国統一 街頭署名活動を実施します

■「尖閣を守れ!」署名活動・全国統一行動は、沖縄に集結する左翼への最大の反撃!

前回のメールマガジンの続報です。

14日、石垣市民会館で「尖閣諸島開拓の日」の式典が行われますが、それに呼応して、14日から16日まで全国の日本会議の各支部が中心となって、尖閣諸島の街頭署名活動が開催されます。

実は、これは沖縄をめぐる戦いで非常に画期的な活動ではないかと思っています。

今回行う署名は、沖縄県民が「尖閣諸島を守ってほしい!」との訴えに応える活動なのです。

この活動を全国展開する事により、左翼マスコミがつくりあげた「沖縄県民はすべて左翼だ!」

という全国に浸透した間違った認識を打ち破る事ができます。

この誤った認識を打ち破ってこそ、沖縄県民と全国の国民が一つになって、尖閣諸島、沖縄、日本を守る事ができるのです。

弱腰の民主党政権の中、石垣市は毅然とした態度で、日本の領土を守るために戦っています。

その戦いを全国から応援するためにも全国で開催される署名活動に参加しましょう!

本日から6月17日までが尖閣諸島、沖縄、日本を守る決戦だと思います。

詳細日程情報が、日本会議のHPに掲載されていましたので、転載させていただきました。

連絡が直前になってしまって申し訳ありませんが、読者の皆様、拡散をお願いいたします。

私は、埼玉県の川越、大宮の署名活動に参加する予定です。

(JSN代表 仲村覚)

------<日本会議HPより転載>---------------------------------------------
●平成23年1月14日(金)~16日(土)
「尖閣を守れ!」署名活動・全国統一行動を実施します!
http://www.nipponkaigi.org/activity/archives/1929

22年12月17日、沖縄県・石垣市議会において、1月14日を「尖閣諸島開拓の日」と定める条例案が賛成多数で可決されました(1月14日は、明治28年に、尖閣諸島がわが国領土に正式に編入された日)。
23年同日には、石垣市・石垣市議会の主催で記念式典が開催されます。
今年1月14日「尖閣諸島開拓の日」に、全国各地で「尖閣を守れ!」署名活動の全国統一行動を実施します!皆様、お近くの街頭活動にぜひご参加ください。
(◎下記に時間・場所一覧)
なお諸般の都合により、やむを得ず予定が変更になる場合がございますので、ご参加の際には必ず各地の【連絡先】にお問い合せください。

その他、署名の全般的なお問い合せなどは、下記までお願い致します。
日本会議事務総局 電話03-3476-5611 または、このホームページの右上「お問合せ」からメールでお問い合せください。

◆「尖閣を守れ!」署名活動・全国統一行動 一覧

□東京都
◎1月14日(金)14時~16時
 有楽町駅 東京交通会館前
◎1月15日(土)14時~16時
 新宿駅西口(予定)
◎1月16日(日)14時~16時
 渋谷駅ハチ公前前(予定)
【連絡先】日本会議事務総局 電話03-3476-5611
  
□北海道
◎1月16日(日)14時~
 札幌駅南口
【連絡先】011-611-0261(日本会議北海道本部・担当 松下)
    
□秋田県
 1月15日(土)※予定
【連絡先】018-862-8820(日本会議秋田/担当 田口)
  
□宮城県
1月14日⇒中止
◎1月16日(日)14時~16時
 仙台市・一番町アーケード
【連絡先】090-2029-8446(日本会議宮城・平松)
  
□福島県
 1月14日(金)※予定
    
□栃木県
◎1月16日(日)13時~
 東武宇都宮駅北口 
【連絡先】028-622-3180(日本会議栃木/担当 稲)  
  
□群馬県
◎1月14日(金)
 JR高崎駅前
【連絡先】090-2551-1612(金谷)
    
□埼玉県
◎1月16日(日)14時~16時
 JR大宮駅西口
【連絡先】090-3218-1084(小松)
   
◎1月15日(土)14時~16時
 西武所沢駅・東口
◎1月15日(土)14時~16時
 JR・東武東上線川越・東口
【連絡先】090-3347-6597(日本会議埼玉・田村)

    
□千葉県
◎1月14日(金)16時~
 JR千葉駅東口
◎1月16日 12時30分~
 JR市川駅北口
【連絡先】(事前/日本会議千葉事務局)043-261-3293
(当日/伯耆田)090-2432-9388
  
□神奈川県
◎1月15日(土)13時~15時
 JR桜木町駅前 ※ランドマーク側
【事前・連絡先】日本会議事務総局 電話03-3476-5611
      
◎1月16日(日)14時~16時
 橋本駅北口 ぺデストリアンデッキ
【連絡先】(日本会議神奈川・相模原支部/野田)090-9201-0031       
  
□新潟県
◎1月16日(日)10時~15時
 弥彦神社
【連絡先】080-5029-1007(担当 藤崎)
  
□山梨県
◎1月14日(金)16時30分~17時30分
 甲府駅前
【連絡先】055-288-0003(日本会議山梨県本部・佐々木)
   
□三重県
◎1月15日(土)13時~16時
 伊勢市 ・ おはらい町
【連絡先】090-1416-1522(日本会議三重伊勢支部・担当 中村)

◎1月16日(日)13時~15時
 近鉄四日市駅北出入口前
【連絡先】090-8184-2642(一木)

□愛知県
◎1月16(日)10時~12時30分
 JR名古屋駅前ローターリー
【連絡先】090-6466-1592(服部)  
  
□岐阜県
◎1月15日(土)14時~16時
 名鉄岐阜駅前
【連絡先】058-278-2008(日本会議岐阜県本部/山木田)
  
  
□京都府
◎1月14日(金)13時30分~15時30分
  京都市内 四条河原町交差点・高島屋前
【連絡先】075-863-6677(日本会議京都)

□大阪府
◎1月15日(土)15時~17時
 なんば高島屋前
【連絡先】090-2598-6497(丸山)
      
□兵庫県
◎1月12日(水)12時30分~13時30分
 神戸市・元町大丸前
【連絡先】070-5508-2577(日本会議兵庫県本部)

◎1月14日(金)16時00分~18時
 JR三田駅前
【連絡先】090-5168-1580(摂丹支部)

□岡山県
◎1月15日(土)13時~14時
 岡山駅正面・ビックカメラ前
【連絡先】086-234-7200(日本会議岡山)
   
□広島県
◎福山市
 1月10日(月) 8時30分~10時/11時45分~12時45分くらい
 ローズアリーナ前付近の歩道(成人式会場前)
【連絡先】090-1014-0653(日本会議広島・福山支部 担当 今井)

◎広島市
 1月15日(土)13時~15時
 広島市中区胡町/金座街入口付近(福屋横)
 【連絡先】082-831-6205(日本会議広島 担当 井坂)

◎呉市
 1月16日(日)13時~15時
 呉駅前広場付近(SOGO側)
 【連絡先】090-1350ー0904(日本会議広島・呉支部 担当 上治)
           
□島根県
◎1月16日(日)13時~15時
 JR松江駅前
【連絡先】090-7593-7435(林)
  
□山口県
◎1月14日(金)17時15分~
 JR防府駅みなと口 ロータリー付近
  
◎1月16日(日)14時~
 防府天満宮 大鳥居前(うめてらす付近)
【連絡先】0835-36-1409(日本会議山口・防府支部/伊藤)
                  
□愛媛県
◎1月15日(土)14:00~16:00 松山市駅
【連絡先】089-907-1911(日本会議愛媛県本部・越智)
                      
□高知県
◎1月14日(金) 13時~15時
 高知市 中央公園
【連絡先】088-823-4304(日本会議高知・担当 福田)        
             
□福岡県
◎1月9日(日)14時~
◎1月15日(土)12時~
 福岡市・天神ソラリアステージ前
 
◎北九州市
 1月16日(日)12時~14時
 JR黒崎駅歩道橋上
【連絡先】092-641-3263(日本会議福岡・川畑)
  
□熊本県
◎1月14日(金)17時~19時
◎1月15日(土)13時~15時
◎1月16日(日)13時~15時
 熊本市街下通ダイエー前
【連絡先】096-322-7484(日本会議熊本・片岡)
  
□大分県
◎1月14日(金) (予定)
 
□長崎県
 1月14日(金)12時~13時
 長崎市内・浜市アーケード
【連絡先】095-823-9140(日本会議長崎)
   
□宮崎県
 1月14日(金)12時~14時
 宮崎市内・山形屋デパート前
【連絡先】0985-73-8241(日本会議宮崎/和田)
    
□鹿児島県
◎1月14日(金)14時~16時
 鹿児島市・天文館G3アーケード内 ナンニチパチンコ店前
◎1月15日(土)※予定
◎1月16日(日)※予定
【連絡先】099-225-3533(日本会議鹿児島・高橋)
  
□沖縄県
◎1月14日(金)13時~15時
 那覇市・パレット久茂地前広場
【連絡先】098-868-3697(日本会議沖縄県本部・石田)

---------<転載終わり>--------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■JSN 沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク
 HP● http://jiritsukokka.com/
 バックナンバー● http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/arcv
 ※バックナンバーも是非御覧ください。
------------------------------------------------------------------------

拡散をお願い致します。

拡散をお願い致します。

日本初、民主党の最大支援団体連合を批判する、中国共産党を分析する他、フリージャーナリストの安東幹さんにより1月20日の昼から夜まで学習会が開催されます。
よろしければご参加下さい。

1月20日(木)セシオン杉並視聴覚室(地下鉄東高円寺徒歩5分他)

13:30ー15:00 連合を斬る
15:15-16:15 中国共産党分析、民主化運動の今後は
16:30-17:30 北朝鮮とどう対決するか
18:30-19:30 中国共産党分析、民主化運動の今後は
19:45-20:45 連合を斬る
(会場の後方には、お茶のみ交流休憩コーナーを常時開設します昼と夜で同じテーマの学習会は内容も同じです)

参加費 ひとコマ1000円、1500円で出入り自由

民主党の最大支援団体である連合の本質は?
その危険な路線をあますところなく暴露します。
めざすところは、危険な共産主義国と変わりありません。
興味のある人は、ぜひ、ご参加下さい。
また、中国共産党はどの程度、共産主義なのか?
いつ、崩壊するのだろうか?
何度も中国民主化国際会議に参加し、共産主義分析の第一人者である安東さんが、弁舌をふるいます。
また、共産主義を徹底すれば北朝鮮のような国ができる。
世界同時北朝鮮抗議行動を何度も日本で主催してきた安東さんが論陣を張ります。

問い合わせ 安東幹 080-3396-2993 kanandoj@yahoo.co.jp

沖縄集団自決、軍人の指示明記…歴博が説明変更

沖縄集団自決、軍人の指示明記…歴博が説明変更
(読売新聞 - 01月05日 21:14)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1459695&media_id=20
国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)は5日、昨年3月に開設した常設展示室「現代」にある第2次大戦の沖縄戦に関する展示について、説明文の変更を行ったと発表した。
 歴博がオープン直前に、沖縄戦での集団自決への軍の関与を削除したことに反発がおき、展示内容の変更を検討していた。
 5日から公開された新しい展示では、集団自決に至る理由のひとつとして、「手りゅう弾の配布に示される軍人の指示」があったことを明記した。また、沖縄県内で採集された証言資料約40冊を隣接する図書室に置いた。
 平川南館長は「沖縄戦についての歴史的な解釈を変えたのではなく、表現を変更した」と話した。

________________________________________

沖縄県が戦場となり、20万の人々が犠牲になりました。
ここに深く哀悼の意を表したいと思います。

次代を担う若者に真実のみを伝えるべきです!

講演をyou tube でご覧になれます。
10分ずつ6回にわけて紹介しています。
http://jp.youtube.com/watch?v=yPxqXevShfM
http://jp.youtube.com/watch?v=xS38g2_t3fM
http://jp.youtube.com/watch?v=KRVQHehSPs4
http://jp.youtube.com/watch?v=hSL_e9ctA4o
http://jp.youtube.com/watch?v=MYmpplqw204
http://jp.youtube.com/watch?v=hgStznij-NE

私も沖縄の住民であったならば、自らの命を絶つだろう。

抗議先
■国立歴史民俗博物館
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
TEL:043-486-0123(代表)
FAX:043-486-4125(総務課)
メール:syomu@ml.rekihaku.ac.jp

難病認定の為、転載お願いします

難病認定の為、転載お願いします

皆様の助けにすがり娘の鮎子の命を救って頂きたく、難病認定の署名をお願いしてます。
リュウマチを患った車椅子の私を、20年間手となり足となって助けてくれた、愛しく、掛替えない娘の命を、いま「再発性多発性軟骨炎」と云う恐ろしい病が奪おうとしています。
難病認定の為のお願いです。友人である母親の言葉を読んで下さい。そして貴方の日記に転載お願いします。
この病は100万人に3人の発症率で、全国に293人の患者さんが苦しんでいらっしゃいます。
患者さんの中にはまだ幼い子供もいます。
難病と認定されていない為に、原因も治療法も解明されていません。
そして多くの患者さんは、月額約20万円の生物学的製剤を投与する事になります。
精神的にも、経済的にも、肉体的な苦しさに加えて負担を強いられているのが現状です。
この額は私には無理です。
鮎子も病をおしてアルバイトを始めました。
難病と認定されれば、治療データがくまなく調査され、治療法と医療技術・医療設備の向上、医療費の自己負担の軽減などが期待できます。
現状は、原因不明で明確な治療法も確立されていません。
現在2年間で、患者さんとその家族が支援団体の方々と力を合わせ、10万人の署名を集めましたが、難病と認定される為には50万人の署名が必要なんです。
このペースでは認定までにまだ8年も掛かってしまいます。
私は待てません。
その間にどのように症状が進行していくか?
鮎子本人だけでなく患者さんはみな不安な毎日を過ごされています。
この病は、軟骨組織や多くの器官の結合組織に、痛みを伴う破壊的な炎症が見られる病気です。
器官の構造を支えている軟骨組織が侵され、視覚、聴覚、平衡感覚の障害が現れ、さらには、気道がふさがれたり、心臓や血管が重度に侵され死に至る病気です。
鮎子は平成22年に「再発性多発性軟骨炎」と診断されました。
鮎子には愛する人がいて、年内に結婚する予定でしたが、病が2人を引き離しました。
鮎子は彼を思いやり、婚約を取り消す手紙を送りました。
私はこの手紙を読み、声を出して泣きました。
娘は死に衣装はこの世では着ることがかなわなかったウエディングドレスを着たいと言います。
遺書もしたためています

私は娘が不憫でたまりません代われるものなら代わりたいお願いです、鮎子を助けてください
「再発性多発性軟骨炎」で検索すると署名用紙がダウンロード出来ます。
代筆で良く、FAXで送れます。
またネット署名も出来ます。
http://form1.fc2.com/form/?id=607552
病気で苦しんでいる人たちのために、私たちでできることから始めましょう。
「MAN IN THE MIRROR」精神で。