税金のムダ使いをやめさせる住民投票条例制定を求める直接請求を行います。

画像


画像


東村山市長は、昨年12月市議会所信表明で、ビン・缶・ペットボトルの処理について、リサイクルセンター建設と外部委託とのコスト等の比較を行ったうえで、方針を決定すると表明しました。
にも関らず市長はリサイクルセンター建設を強行しようとしています。

署名活動を始めたことによって、市長は「直接請求の結果が出るまで、3か月以上入札・契約を延期する」と6月市議会で述べました!

画像


以下の理由で建設計画を白紙に戻すことを求めます。

①財政難の中、12億円もの費用をかけること。

②毎年9,070万円の市民の税金を支出すること。

③外部委託すれば2分の1以下ですむことが市議会環境建設委員会に提出された資料で明らかになり、また秋津町に集中していた収集車両の分散化が出来ること。

④リサイクルセンター建設最大の理由としているホイルローダーの騒音は、機種変更と床面の改善で激減することが示されたこと。

私達は、リサイクルセンター建設の是非を、市民による住民投票で決めるため、このほど住民投票条例制定を求める直接請求を行うことに致しました。


署名集めにご協力を。受任者を募集します。

リサイクルセンター建設を考える市民の会
連絡先 ℡ 042-393-7161/080-6504-3594

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック